2013年8月19日月曜日

FirefoxOS(ALCATEL onetouch)のWebGL&WebAudio調査

みなさん、ごきげんよう!
GClueの下っ端社員の星です。

今回はまた新しくFirefoxPhoneがうちの会社に届きました!!
その写真がこちらです。

 炎のきつねがカッコイイですね!
どことなく、iPhone4みたい・・・というのは内緒の話。
ちなみに、その二つを比較した写真がこちら。
皆さんは、どちらがFirefoxPhoneかわかりますか?
ちなみに、シールは引っかけではなく、右がFirefoxPhoneです。

そして、今回はこの新しく来たFirefoxPhone(ALCATEL onetouch)のWebGLとWebAudioを調査してみたいと思います。

調査に使用するのは、前回(ZTE Movistar)のときに使ったWebページを使用します。

ALCATEL onetouchは、FirefoxOS 1.0.1.0を使用しています。

WebGL

 結果を表した動画がこちらになります。
右がNexus7のChromeとの比較になります。
同じ回転速度ですが、やはりFirefoxPhoneの方の回転速度が遅れています。

ちなみに、FirefoxPhoneの場合は、パッケージングアプリもブラウザと同じ動きになりました。


WebAudio

 WebAudioを使った簡単なプログラムとして、太鼓アプリを作成しました。
画像を叩くと音がなるという単純なプログラムですが、Nexus7のChromeでは音が鳴ったのに対し、FirefoxPhoneではWebAudioが使えないためか真っ黒な画面が表示されるだけでした。ちなみに、ブラウザ、パッケージングアプリ共に同じ動きでした。


まとめ

  • FirefoxOSデバイスは、まだまだHTML5やWebGLの対応が不足していると感じました。
    • FirefoxOSのCPUが1GHzであったり、スペック的に不足しているのでその差が出ている?

0 件のコメント:

コメントを投稿